撮影機材の新着情報

ミラーレス一眼カメラ 飛行機撮影 大阪国際空港(伊丹空港)

2017/05/31


撮影機材フォトテック 撮影講座Vol.56


今回は、ミラーレス一眼カメラで飛行機撮影を行います。

撮影場所は、伊丹スカイパークです。


ミラーレス一眼カメラはコンパクトで画質も良く、最近このようなカメラで撮影されている姿をよく見かけるようになりました。


今回、使用したカメラは、SONY α6500です。

このカメラが飛行機撮影に向いている点は以下の5つポイントです。


1.AFのスピードが0.05秒でかなり速い


2.AFの追従感度が良い


3.ボディ内手ブレ補正搭載で手ブレしにくい


4.ボディが小さいながらも有効約2420万画素で高解像度


5.最高約11コマ/秒の高速連写で当たりの確率が上がる


写真を見て頂ければお分かりのように、ミラーレス一眼カメラでもきちんと高解像度で綺麗に撮影できます。


  撮影方法は・・・


1.カメラは、手持ちで撮影しています。

  ボディの手振れ補正をONに設定します。絞り値は、F5.6に設定します。
  シャッタースピードは、1/1000秒 固定にします。飛行機の離陸は、必ず1/1000以上にして下さい。
  フォーカスモードをAF-Cに設定します。フォーカスエリアは、ゾーンで中央の下に設定します。


2.飛行機が近づいてきたらシャッターボタンを半押し状態で飛行機を追い続け、機首が上がる直前から全押しして連写撮影を行います。


3.設定は、以下の通りです。



カメラ:SONY α6500
レンズ:SONY SELP18105G

撮影モード: マニュアルモード
絞り値:  f/5.6
シャッタースピード: 1/1000秒
ISO:  100
露出補正:  0
焦点距離:  40mm
ホワイトバランス:  オート
フォーカスモード: AF-C
フォーカスエリア: ゾーン
手ブレ補正: ON



★撮影機材は、簡単操作で質の良い光(ストロボ・照明)を提供するFOTOTECHをご活用下さい。
http://www.fototech.jp/


一覧に戻る

安心ショッピング! 日本全国スピード発送!最短翌日着!

このページの先頭へ